Home > Windows用ソフト | 静止画撮影 > Version1.02掲載しました

Version1.02掲載しました

WebCameraSnap Version 1.02[ja]掲載しました

最新版ダウンロード


[機能追加] ——————————————————————– ■削除するファイル名をクリップボードへ転送 インターバルあるいは動きを検出したファイルの削除ウィンドウにおいて ファイル名を表示しているテキスト領域の情報をクリップボードに転送でき るようにしました。 ■合成画像のホイール操作による不透明度設定 モニタ画面上で右クリックすると「キャプチャー背景」「画像処理背景」が 選択できます。必要に応じてメニューを左クリックするとチェックを付ける ことができます。 (1)キャプチャー背景 キャプチャー画像の背景に画像ファイルを合成する場合に不透明度を変更 (2)画像処理背景 画像処理において背景に画像ファイルを合成した場合に不透明度を変更 チェックが付いたものについて不透明度(0~100%)をマウスのホイール操作で リアルタイムに反映できます。 マウスの最小回転数が不透明度の1%分に対応するようにしています。 ——————————————————————– [不具合修正] ——————————————————————– ■削除するファイル名の表示 ファイル削除ウィンドウのテキスト領域にファイル名が表示されない不具合 を修正した。大量に削除するファイル名がある場合は、動作が遅くなるので ご注意ください。 ■閾値レベルON/OFFボタンのラベル名の修正 「メイン画面>設定表示>動き検出2」において閾値レベル表示がOFFである にもかかわらず、ボタンの名前が「閾値レベル表示OFF」になっていた。 本来は、「OFF」ではなく「ON」が正しいので修正しました。 ■インターバル時間を変更後「保存」をクリックできなかった不具合を改修 ■モニター表示位置をWindowsにまかせるように変更 ■統計情報位置をWindowsにまかせるように変更 ——————————————————————– [その他] ——————————————————————– ■ベースキャプチャー時間の上限を変更 1000ミリ秒から2000ミリ秒に長くしました。長期間の定点観測を行う場合は 時間を長くするとCPU使用率を低くすることができます。 ——————————————————————– [マニュアルの訂正] ——————————————————————– ■合成する文字のフチの記述 キャプチャー画像に合成する文字の説明において「ふち」の色が黒色固定と 誤って説明していたので修正しました。実際にはふちの色は選択できます。 ——————————————————————–