Home > 日常 > シュガースポット撮影準備中に静止画撮影ソフトの不具合に気付く

シュガースポット撮影準備中に静止画撮影ソフトの不具合に気付く

  • 2009-11-25 (水) 22:04
  • 日常
  • 作成者:hitotsu
昨晩、WebCameraSnap v1.03をリリースした。
画像形式にYUY2を追加し、多少手を入れていたので、慎重にリリースしたのだが、不具合を発見してしまった。
操作パネルからカメラをいったんONにした後、OFFし再度ONにすると解像度がVGAに固定化されてしまう。
さきほど、修正版v1.04を公開したので、v1.03をインストールされた方は、アップデートをお願いしたい。
ダウンロードサイト

今回の不具合は、今晩近所のスーパーで買ってきたバナナのシュガースポットの撮影準備中に気が付いた。
解像度をいろいろ変えていて、最終的にUXGA(1600×1200)に落ち着いたのだが、カメラONにすると、ジャギーが出る、
念のため「撮影」をクリックしてキャプチャー画像を確認すると解像度がVGA(640×480)になっていた。
解像度変更の部分にハンドリングミスがあったのが原因だ。早々と発見でき良かったと思おう。

シュガースポットの様子は数時間前に始めたばかりだが、ソフトの不具合を発見したラッキー画像なので、
参考までに画像を掲載しよう。UXGA撮影のものはクリックすると原画が表示される。すべて蛍光灯(60Hz)の下での撮影だ。
バナナ表面が変化する様子は後日Webに掲載したいと思う。

【UXGA撮影】
クリックするとUXGAサイズの原画を表示します


【VGA撮影】